Fd57f1b44fbb0bc8a56b5357bfa09d93
としきんのどうでもいい話

新・哀しき昭和世代

2018/03/07 12:02






部屋の整理をしてたら出てきた。










先日、所有しているオープンカーが少し古くなってきたので新車を購入したのだが、前の車に愛着が湧いてどうしても手放せず、結局2台とも所有することになった。







「S2000」











それはさておき、花の独身時代にボクはオープンカーに乗っていた。





オープンカーというと何だか目立って恥ずかしいイメージがあるかもしれないが、全然そんな事はない。





もし、こんなオープンカーに芸能人が乗っていたら、それはさすがに注目されるかもしれない。





「ランボルギーニ  ベネーノロードスター」









だが、普通のタイプに庶民が乗っているだけならば、調子抜けするくらい自分自身が注目されてないことに気づくはずだ。






また、イタズラ(特に帆の部分)されそうという心配も付きまといがちだが、ボクの場合は一度もそういうことはなかった。




だからこの際、ネガティブな部分は気にせずに「空(そら)」というオプションがついてくるオープンカーに、皆様にも是非一度乗って頂きたいと思う。







ちなみにボクは冬のドライブが好きだ。




ヒーターをつけると車内は全然寒くはないし、何てったって心地よい冬の風を肌で感じ取ることが出来る。もしかしたら冬のオープンカフェでコーヒーを飲んでる感覚に近いかもしれない。





春になると桜並木沿いに車を走らせ、車内に桜の花びらが舞い込んでくるなんてのも、これまた風流。




つまり、日本の四季を感じ取るにはオープンカーは実に最適な車なのであ~る。







「そうなのであ~る」













夏は無理矢理テントを積んでキャンプに行ったり、冬には助手席にスノボを積んでスキー場に行ったりと、オープンカーはボクの青春時代を風と共に楽しく駆け抜けてくれた。






所帯を持つことになり泣く泣く手放したが、機会があれば再び所有してみたいと思うし、再びあの風を感じてみたいと改めて思うのだ。






 



でもこんな話をしていると、きっと彼女がこんなことを言うに違いない・・・












「薄毛が風で飛ばされちゃうわよ、オジサン!」






















ほっとけ(毛)・・・





クックパッドブログへの
ご意見・ご感想をお聞かせください